読書はしご

読書雑多文。

「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅳ」

万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)

うーん、騙された。
本文前に注釈があれば誰だって騙されるわいー、と思いながら、上手い手法だと感嘆せざるを得ない。

ノストラダムスの大予言」というコレクターが所有する映画ポスターが、一枚、また一枚と焼かれていく。
放火の上、家一軒が焼失する事件もあるが、一枚だけを執念深く焼く犯人。
知能犯?異常犯?
犯人の意図が分からないなかで、コレクターの手元から焼かれていくポスター。

今回の改心劇は犯人と莉子ちゃんの接触時間が長いので、唐突感がない。
後日談もなく、気持ちいい終わり方。
人生の瞬間瞬間に「ふさわしい自分であるために」成長したいという志が素敵。
見習おう。

一方で犯人の犯罪者の親を憎みながらも、遺した遺産を手に入れるために、そして鬼籍に入った親を見返すためにポスターを焼く執念。
虚しく哀しい。
作中であまり描かれていない中で、その心情は推察するに痛ましい。
苗字を呼ばれて親を思い出し、自分が孤児同然の扱いを受ける境遇を苦痛に感じる。
異父弟妹と仲が良くても、救われない気持ち。
この事件で莉子に会えて、犯人と糾弾されず、自分の想いを汲み取った言葉をもらうことで、未来の自分を信じられる。
ちょっと出来すぎだけど、物語だからこそこの結末が良いと思う。

最後の文章が本当に気持ちいい。

蛇行する小道が、マツバギクを敷き詰めた絨毯のような花壇を愛でる機会を、幾度となく与えてくれる。人生もたぶん同じだと莉子は思った。行く手は絶えずうねっている。曲がりくねった道。でもその両脇には花が咲いている。角にさしかかるたびに美しいものに触れられる。遠回りであっても、心は洗われていく。それが成長というものだろう。
わたしもゆっくり道を歩もう。目的地に着いたとき、その瞬間にふさわしい自分であるために。