読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書はしご

読書雑多文。

「図書館奇譚」

ファンタジー

 

図書館奇譚

図書館奇譚

 

図書館の地下に潜む奇妙な世界。

知識に満ちた脳を吸いたい老人。

羊男。

目が痛くなるほどの美少女。

ある日図書館を訪れた気弱な主人公は、図書館の地下の牢屋に閉じ込められ、本を完璧に暗記することを求められる。

羊男から「本を読んだら、脳を吸われちゃうよ。知識が詰まった脳は美味しいんだって」と 老人の企みを聞かせられる。

絶望する主人公の元に現れる、美しい少女。

果たして主人公は助かるのか。

 

シンプルながらも不思議で魅力的なシチュエーションに、わくわくします。

後書きによれば、改訂に改訂を重ねて本作はなんとヴァージョン4。

不可思議な世界観、完結しない雰囲気があり、改訂を重ねるのも分かる気がする。

 

オスマン・トルコの収税政策に関する本を読みたくなります。

もちろん羊男のできたてドーナツで小休憩をとりながら。

脳が狙われてなければ、二、三日収容されてみてもいいかな。

そういうセミナーがあれば参加したい。

なにせ本屋に泊まれる時代ですもんね。いつかできたりして。