読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書はしご

読書雑多文。

「本をめぐる物語 栞は夢をみる」

 

 んー栞?栞出てきました??

私、読み飛ばしました?

せっかく短編のタイトルに据えるからには、栞が夢見てそうな話があってもいいんじゃないんでしょうか。

まぁ、ダ・ヴィンチ編集部ですからね。

単にキャッチーなタイトル付けただけなんでしょうね。

ちょっと残念。

 

まぁ暇つぶしにはいいかなってレベルの短編集ですかね。

「本をめぐる物語 一冊の扉」のほうが、レベル高かったかも。

 「一冊の本」大島真寿美

自分の葬式でやらかす図書館館主と振り回される娘。

ちょっと痛快で、面白い。

 

「水曜日になれば(よくある話)」柴崎友香

中盤わくわくしかけて、わくわくできない。

よく似た中年のおばちゃん3人組はもっと活かせたのでは。

 

「ぴったりの本あります」福田和代

怖い。世にも奇妙な物語でドラマ化してほしい。

 

「『馬および他の動物』の冒険」中山七里

昨日読んだ「ほっこりミステリー」で注目した作家さん。

この作品だけレベルが段違いで、最高に楽しめた。

古書視点の物語とか、良い発想ですよね。

そして、わたしは今、多くの仲間たちとと共に書架に並び、客もまばらな古書店の中で思索に耽っている。

著書と同じだけの知性を持っている、論理的な著書なら本も論理的に、感情的な著書なら本も感情的に、という設定。本同士の喧々諤々な議論聞いてみたいです。

元々、我々書物は知識の宝庫だがそれゆえに道義心や倫理観は薄い。それよりも書物書物として扱ってくれることを希求している。その意味で、この純一という男は非常に好感の持てる読者だった。既にわたしを含めた六冊は、この男に盗まれたことを幸運とすら感じ始めていた。

読む側の熱い視線すら感じられる本たち。

自分の蔵書になんと思われているのか、本棚見るのが怖くなりそうです。

 

「僕たちの焚書まつり」雀野日名子

遥か未来、本は紙印刷コンテンツなんて呼ばれているのかもしれない。

ネットで糞コンテンツを掴まされた少年がわざわざ紙に印刷して、焚書まつりをしよう!と友達と悪ふざけをするお話。

まさかまさかの展開で、本をつくる様々な人の想いに馳せられる魅惑的な作品。面白い。

 

「トリィ&ニニギ輸送社とファナ・デザイン」雪舟えま

すごい名前だなこの作家さん、岡山県総社市出身かと思ったら、北海道札幌市出身。なぜ雪舟!と思ったら、ゆきふねと読むらしい。

なるほど北海道出身ですね!

こちらも遠い未来、人類が惑星を股にかけて移動する時代のお話。

設定も人物も魅力的。運び屋シリーズみたいな感じで、シリーズ化すればいいのに。

金星出身の女の子、ファナ・デザインの描写が素敵。

いくつもの色が自由に遊ぶような瞳が、僕を間近に見つめて。ファナ・デザインの頬には金色のそばかすが散っていて、頭に巻いたグレーの布からは草色の髪があふれた。なんて美しいひとがいるんだろうか。

 

「カミダーリ」田口ランディ

ラリってますよね?経験ありますよね?と思っちゃうような、異常体験の描写。

原田宗典にありそうな展開。ただしキレは微妙。

ちなみに本文で解説されない沖縄方言、ネタバレですが。

カミダーリ:ユタになる方が体験するトランス状態

マブイ:魂

おつりが何を象徴するか、ちょっと分からないんですが。

 

「解釈」北村薫

 宇宙人が地球の本を見かけたら?という発想。

面白いけど、もう少しひねりが欲しいような。

 

8作品中5作品ヒット。

栞が夢を見ていないことは不満ですが、当たりかな。