読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書はしご

読書雑多文。

「万能鑑定士Qの事件簿VIII」

エンターテイメント

 

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)

 

第一巻から触れられていた波照間島渇水問題、莉子はたびたび売り上げの一部を寄付に回していることが触れられていました。

この度、なんとこの問題が解決するという事態に。

どうやら莉子の女友達・葵の父であり波照間島の議員さんでもある嘉陽果氏が、台湾で出会った研究者から漏斗用いた新技術の特許の買取を持ち掛けられたのこと。

町の予算12億円が注ぎ込まれると聞き、あまりにも怪しい新技術に詐欺ではないと疑う莉子。

しかし、議員に同行した研究者からも間違いなく真水だったと太鼓判が押され、議員の誰もが賛成する事態に戸惑いながらも、台湾直行を決める。

果たして、真相に近づくことができるのか?

 前作とかわって、なかなか真相にたどり着けない莉子がかわいい。

莉子はパーフェクト系主人公ですけど、なんでもかんでもお見通し!が過ぎると、ちょっとうんざりしてしまうので、匙加減が大事なシリーズだなと思います。

 

事件解明のためとはいえ、女三人で台湾を旅行するという現実でもありそうな設定。

友人に囲まれて過ごす主人公は、いつもの万能鑑定士としての姿よりも、年相応な感じがして好感度がぐぐっと上がりました。

恐ろしい記憶術を支える相棒がケロロ軍曹だったという衝撃の事実も微笑ましい。

あと、台湾の人たち親切すぎますね。

って思いつつも、私自身台湾に行って多くの親切すぎる台湾人の方にあったのでなんか否定できません。

 

今回は、珍しく犯人との情の深いやりとりがないので、最後らへんはあっさりしてました。

その代わり「アンパンマン」のように笑いどころはしっかりあるので、さっくり読める作品だったと思います。